運命とはほんとうに皮肉なものである。
ある日、フランス国王ルイ16世と王妃マリー・アントワネットは、パリのルイ大王学院を訪問した。学院では、学生から選ばれた代表が、ラテン語で詩を朗読し、ルイ16世の戴冠のお祝いと歓迎の意を表した。
このとき、選ばれたのがロベスピエールという成績優秀な17歳の学生であった。
少年は降ってくる雨を気にもせず、健気にも国王への尊敬をこめて、一生懸命詩をよみあげたという。国王のほうはというと、美々しく着飾った姿で、馬車に乗ったまま、ただ儀礼的に詩を聞いていた。
それから17年……。フランスは大革命のまっただなかであった。ルイ16世は国家の敵として、裁判を受けることになった。そして、その王にたいして死刑要求をしたのが革命の指導者、ロベスピエールだったのである。
そう、国王の前で詩を朗読したあの少年である。このとき、ロベスピエールは国民のヒーローとなり、国王は死刑を宣告された。国民のヒーローとなったロベスピエールと死刑を宣告された国王。ふたりの立場は大きく逆転していたのである。
ルイ16世を死刑に処したロベスピエールは、もしかしたら17年前の「あの雨の日」のことを思いだしていたかもしれない。

スポンサードリンク
スポンサードリンク