犬は人間の恩を知るというが、こんな恩知らずな犬もいた。
大阪府高槻市でのことである。Sさんは優しい人柄である。雨のなかで濡れそぼって鳴いている1匹の子犬を見捨てることができなかった。それがこの事件の発端になろうとは、考えてもいなかっただろう。
この犬、コロと名づけられ可愛がられた。しかし、コロは拾ってもらった恩を感じないどころか、かなりわがままで粗暴な性格だったらしい。
縁側で家族の食事のおかずをせびっているうちはまだ可愛げがあったが、いつのまにか縁側にあがりこみ、庭におりなくなってしまったではないか。
もちろん、庭には犬小屋があるのにである。家族はとうとうコロの思いどおりに、玄関にマットレスを敷いてコロの場所にしてやった。
ところが、この程度のことはまだ序の口だった。コロは食事どきになると、玄関から茶の間にやってくるようになった。
叱るとキバをむいて威嚇するため、家族は手がだせない。しかたなく、茶の間を開放するうち、ついにはここがコロの居場所となってしまった。
さらに、この犬は毛の手入れをさせず、風呂も嫌いなことからノミやダニがたかっている。当然、茶の間も汚くなり、とても人がいられる場所ではなくなった。そのため、とうとうSさんたちは庭にプレハブを建て、そちらに住むはめになってしまった。
「庇(ひさし)を貸して母屋(おもや)をとられる」とはまさにこのことか……。
愛犬家には耳の痛いお話である。

スポンサードリンク
スポンサードリンク