世界じゅうのほとんどの国で、犯罪にたいする時効の制度がある。
ある期間をすぎれば罪を問えなくなるというもので、そのためにこれをめぐって犯罪者と捜査当局とのギリギリのドラマが演じられることがある。
1953年当時、アメリカのマサチューセッツ州では銀行強盗の時効が3年ときめられていた。そのため、3年前の1950年1月17日に起こった、史上最大の銀行強盗事件も、その年の1月17日をもって時効となることがきまっていた。
この強盗事件とは、ボストンのブリンクス銀行が、7人の強盗に襲われた事件である。一味は、ハロウィンのグロテスクな覆面をかぶり、手袋をはめ、オーバーシューズをはき、海軍のピーコートを着るという異様な格好だった。
彼らは金庫室の5人の出納係をしばりあげると、総額277万ドル余りを強奪したのだ。
事件後、FBIや地方警察が必死で捜査した結果、容疑者は浮かんだものの証拠はみつからない。
時効期限は刻々と迫る。「もはや万事休す」。捜査陣のあいだにも、そんなあきらめムードがただよう。
ところがいよいよ時効まであと11日という土壇場の1月6日になって、一味のひとりスペックス・オキーフがわけまえを仲間にダマしとられたことに腹を立て密告してきたのだ。
時効11日前にして親玉のアンソニー・ピノを中心とする、総勢11人のギャングが捕まってしまったのである。

スポンサードリンク
スポンサードリンク