1991年、岐阜県高富町で、法の網をまんまとくぐり抜けていた悪徳助役が、よもやの恐喝罪で逆転逮捕されるという事件が起こった。
逮捕された中村光前助役は、権勢欲の強いやり手の人物で、以前から助役の座をねらっていた。これに目をつけたのが、当時の町議会議長で反町長派の急先鋒だった玉井直道ら。
「助役にならないか」ともちかけ、その見返りとして300万円を要求したのだ。
中村は金をだし、玉井らは、議会の同意見をバックに、中村を助役にするよう、町長にしぶしぶ認めさせた。
願いかなった中村助役はワンマンなため、庁内では評判が悪い。そのうえ、ワイロで助役になったというウワサもひそかにささやかれていた。
4年後、悪評のために再任があぶないとなると、彼は玉井議長に迫った。
「再任できなかったら300万円返せ。おれは時効だが、あんたらは逮捕される。出るところに出るぞ」
これが警察の耳にはいり、玉井議長らは収賄罪で逮捕。贈賄容疑の中村助役は、ひとりだけ時効で安泰のはずだったが、玉井議長に口走ったセリフがもとで暗転。
その言葉が「脅し」と受けとられ、恐喝罪で逮捕されたというわけだ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク