離婚、再婚は日常茶飯事のアメリカでも、こんな珍事はめったに起こらない。
ワシントンに住むシュトルム夫妻は、結婚5年目にして破局を迎えた。理由は、ケンカが絶えない生活にイヤ気がさしたからであるが、このふたり、離婚が認められたとたん、これまでとはうってかわり、大はしゃぎで、友人知人を招いて離婚祝賀パーティを開いた。それも、半端なパーティではない。
「離婚ホヤホヤ」と車体に大書きしたオープンカーでふたりが到着すると、数百羽の鳩が飛ぶわ、花火があがるわの大騒ぎ。会場内ではドライアイスの白煙のなかからゴンドラに乗ってふたりが登場するという、どこぞの国の結婚式とみまがうばかりの演出である。
しかもプロのダンスに歌に奇術、しまいにはアメリカ名物(?)のパイ投げまではじまるという始末。パーティは盛況のうちに幕を閉じたが、問題はここから。
数か月後、夫人の友人が彼女の家を訪ねると、なんと別れたふたりがいっしょに暮らしていた!なぜまた……?真相はこう。
離婚後、夫人は今度こそ理想の夫をみつけようと結婚相談所にいった。すると、コンピュータの選びだした相手はなんと、別れた夫ではないか。夫のほうも同じ紹介所で再婚相手を探してもらい、紹介されたのが元の妻。
こんなことはふつうは起こりうることではないが、こんな「奇跡」が起きたのもなにかの縁と、ふたりは復縁をしたというわけ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク