M子とK子は、同じブティックで働く販売員(ハウスマヌカン)。ふたりとも成績優秀で、つねに売上げのトップ争いをしていた。
そんなある日のことである。ちょうどM子とK子のふたりで店番をしていたときに、ひとりの女性がはいってきた。
M子が近よって、「いかがですか?」と声をかけてみると、いかにも買う気ムンムンの様子。「しめた!」とばかりに、がっちり
この客にくいついたM子は、あれこれすすめてみたが、その客が「これがいい」ととりあげた洋服は、かなり細めで、ちょっと太った彼女にはとてもじゃないがはいりそうもないものだった。
「もっとゆとりのあるほうが……」
といっても、あくまで着たいといいはるので、試着させてみると、案の定、その服は彼女のお肉で破れそう。M子は、思わず、
「やっぱり」
とつぶやいてしまった。
これで怒らない客はいない。そのとたん、彼女はM子には見むきもせず、奥にいたK子を相手に、ほかの服を試着しはじめたのである。
ところが、今度はその服がぴったり。気をよくした彼女は、アクセサリーから靴までポンポン買い物して、売上げはすべてK子にさらわれてしまったのである。
たった一言で、おいしい客を逃がしてしまったM子。このどんでん返しで、それまでリードしていた売上げは、あっさりK子に抜かれてしまったのであった……。

スポンサードリンク
スポンサードリンク