かつてのマルコス政権下のフィリピンでは、一部の権力者が、地位を悪用して私腹をこやすのは日常茶飯事だった。
昭和54年。フィリピン国家電力公社が発注したあるプロジェクトを、日本の商社・T社がもっとも安い値で落札した。
ところが、なぜか電力公社が実際に仕事を発注したのは、オーストラリアのA社だったのだ。
なぜ、このような逆転劇が起こったのか。公社総裁がリベートをとったなどと黒い噂が立ったが、確たる証拠はない。今後のこともあり、T社側では厳しく詮索することなく、穏便にすませてしまった。
しかし、この事件の裏で調達官が暗躍したのはたしかである。フィリピンでは事業の受注に関しては調達官が実権を握っているため、調達官の一声できまることが多い。
そこで、入札の前後から企業は自然と調達官にさまざまなアプローチをする。金はもちろん、女、物……という具合に。
だから公共事業の入札などという、法律のルールできめられることでも、油断していると土壇場であっと驚くドンデン返しを食らいかねないのである。

スポンサードリンク
スポンサードリンク