たった1匹のハエが、勝負の明暗をわけてしまったという出来事があった。
1865年9月1日、ビリヤードの世界選手権決勝。ルイス・フォックスとジョン・ディアリーは、息もつかせぬほどの緊張したゲームをくり広げていた。ゲームはフォックス優勢のうちにすすみ、優勝はもう彼の目の前にあった。
このとき、1匹のハエがどこからともなく飛んできた。そして玉の位置を確かめていたフォックスの手元にブーンときて、彼の「突き玉」に止まってしまったのだ。
フォックスはキュー(玉突き棒)でそれを追い払ったが、ハエは1度は飛び去るものの、すぐまた玉に止まってしまう。何度これをくり返してみてもハエはどこかにいってくれない。
このため場内の緊張の糸は切れ、あちこちから笑い声が起きるという始末。
フォックスもそれまでの冷静さを失い、あせるあまりハエの止まった玉を突いてしまった。集中力を欠いた玉は思いどおりに転がらず、思わぬミスをしてしまったのだ。
これによって、フォックスはほぼ手中におさめていた優勝をディアリーにさらわれ、そのうえ失望のあまり自殺してしまったのである。それもこれも、たった1匹の気まぐれなハエが原因であった。

スポンサードリンク
スポンサードリンク