スポーツには細かいとりきめがあるものだ。プロゴルフの場合もそうで、たとえばホールアウトしていても、ゲームは完全には終わらない。ちゃんとスコアを提出し、そのスコアにまちがいがないことを確認して、はじめて終了というとりきめである。ところが、それをミスしたために、せっかくの優勝をとり消されてしまった選手がいた。
1957年、全米女子選手権でのこと。ジャキプン夫人は最少スコアでホールアウト。念願の優勝をはたしたのだった。
ところが、このときどうしたわけかスコアの計算をまちがってしまい、せっかくの優勝もとり消し。優勝賞金1500ドルもどこかに吹き飛び、まったくのヌカ喜びに終わってしまった。
しかし、運命はどう転ぶかわからない。
この残念な結果がマスコミに報道されると、ジャキプン夫人に同情が集まり、彼女のための募金まで集められることになった。
そして集まった総額が、なんと5000万ドル!優勝賞金など問題にならないほどの大金を手に入れてしまったのである。
「禍福は糾(あざな)える縄の如し」ということわざどおりのエピソードではないか。

※禍福は糾える縄の如しとは、幸福と不幸は表裏一体で、かわるがわる来るものだということのたとえ。
スポンサードリンク
スポンサードリンク