スイスで貴金属店を営んでいるゲルト・ポルティンさんは、最近、やたらと万引きがふえたことに悩んでいた。
やむにやまれず犯人捜しを開始。そして捕らえた犯人は、なんと彼の妻ではないか。万引きの理由を問いただすと、
「愛人にあげていたのよ」
とヌケヌケと告白するポルティンさんの妻。
怒ったポルティンさん、ここは男の意地をしめそうと、自分も愛人をつくることにした。売るほどある宝石の威力も手伝い、ほどなく美人の愛人ができた。彼はその愛人を自宅に住まわせ、「どんなもんだい」と最高の気分だった。
ところが、ある日帰宅すると、そんな幸せな気分もブッ飛ぶ、1通の手紙が残されていた。
「あなたの愛人といっしょに家を出ます」
妻の字で、そう書いてあったのだ。なんのことはない、妻と愛人がレズ関係におちいり、ポルティンさんはふたりの女に捨てられてしまったというワケだ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク