会田安明(あいだやすあき)という江戸後期に活躍した和算家がいた。彼は延享四年(1747年)、山形県で生まれ旧式の数学を学んだ後、江戸で「最上流」とよばれる流儀の学問を開いた人物である。数学の世界で彼が出世した裏には、意外なエピソードがある。
郷里・山形で数学を学んだ安明は江戸へ出ると、好きな数学で身を立てる決心をし、当時数学の第一人者といわれていた藤田貞資(ふじたさだすけ)に弟子入りをする。しかしその後、師である貞資との、ちょっとしたいきちがいから、家を飛びだしてしまう。
その後、安明は、ここでの経験をバネに、貞資を追い越そうという思いを胸に抱きつつ、独学で学びつづけたのである。
師の下を飛びだしたくやしさが、逆に安明のパワーとなり、後になって師を追い越す数学家を誕生させたというわけである。
安明は『精要算法』という貞資の名著を批判する『改精算法』という書物を出版した。日本一といわれる書物を批判することで、自分の名をあげるのが彼の目的だったのである。
そののち、安明の著書にたいして貞資もそれを批判する書物をだし、さらに安明が再批判の書物をだすなど20年もの長いあいだにわたって、その争いはつづけられた。
結果的にはこの著述合戦が、安明の名と実力をグングンあげていき、のちに日本で最上流とよばれた学問を起こすもととなったのである。

スポンサードリンク
スポンサードリンク