ミッドウェー海戦で大敗したあと、日本軍は太平洋の制海権と制空権を失い、太平洋とベーリング海をへだてるアリューシャン列島とアッツ島も米軍に奪回されてしまった。
そこで、日本軍は、昭和18年7月、キスカ島に駐留させていた守備隊6000人を艦艇に乗せて撤退する作戦を敢行することにした。
一方米軍はキスカ島を包囲、ネズミ1匹もはいだせないような厳重な譽戒網をしいた。このため、キスカ島にむかおうとした味方救出の日本艦艇も近づけない。
ついに、8月1日になって、米軍の一斉攻撃が開始された。空からの爆撃、海からは艦砲射撃が火を噴く。キスカ島にとじこめられた日本軍は心身ともに衰弱、反撃の力はないと判断したのである。
2週間、連日にわたる激しい攻撃。これでは日本軍もひとたまりもないだろう。8月15日、満を持して米軍は上陸。累々と横たわる敵の死体を想像したが……。
驚いたことに、島には人っ子ひとりいない。ただ飼い犬が1匹、むなしく吠えるだけである。そればかりでなく、逆に米軍は同志討ちを演じて、死傷者50人以上をだしたのだ。
じつは、米軍の一斉攻撃を予想した日本軍は濃霧が出た7月29日の午後、霧にかくれて撤退を敢行。全員無事に脱出に成功していたのだった。

スポンサードリンク
スポンサードリンク