電電公社が民営化してNTT(日本電信電話会社)となったのは昭和60年4月1日だった。初代社長の座についたのは電電公社の総裁だった真藤恒(しんとうひさし)だが、そのイスをめぐって、民営化前から激しい争いがくり広げられていた。
電電公社の総裁といえば民間会社の社長にあたる。その電電公社最後の総裁であった真藤は民営化されたあとのNTTでも、トップである社長の座をねらっていたが、社内外の大方の予想では、当時、副総裁だった北原安定氏のほうが有力だと思われていた。
というのも、北原氏は政界、とくに田中角栄らが強力にあと押ししていたからだ。
ところが、田中角栄が病気で倒れ形勢逆転、真藤氏が初代社長に就任、北原氏は無念の涙をのんだのである。
だが、人生とは皮肉なもの。平成元年3月6日、真藤氏はリクルート事件で収賄の罪に問われ逮捕されてしまった。そして、その翌日。かつてのライバルだった北原氏(このときNTT顧問)は電気通信事業に貢献したとして前島密賞を受賞したのである。お縄を頂戴した真藤氏と、名誉な賞を受賞した北原氏。その好対照ぶりは、まさに人生のおもしろおかしさをあらわしているといえるだろう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク