ギア・ロン皇帝は、安南(ベトナム)の名王との誉れが高かった人物である。彼の墓は何者かにねらわれ、荒らされたとの噂だった。
あるとき、ひとりの漁師がユエ川で釣りをしていたところ、頭蓋骨が流れてきた。
拾いあげて調べてみると、あのギア・ロンの頭蓋骨ではないか!驚いた漁師は、さっそく王宮に頭蓋骨をもっていった。
そこには、思いも寄らぬ恩恵が待っていた。その漁師には、政府の高官の地位があたえられ、彼の子供たちにもなんらかの地位、そして地位に応じた終身年金が支払われることになったのである。
そして、漁師のためのパコダ(仏塔)も……。なんらかの見返りを期待していた漁師だったが、「まさか、こんなにも……」と思うほどの夢のような話だったことだろう。
ところが、「いい夢」はすぐに覚めるというのが世の常。神聖な国王の頭蓋骨に不浄の手をかけた、との罪でなんと首斬りの刑に処されたのだった。
天国のような王宮の生活から、地獄に突き落とされた漁師。こんなことなら、頭蓋骨なんか拾わなきゃよかった……。

スポンサードリンク
スポンサードリンク