ナポレオンは、軍事において、彼の右に出る者のいないほどの天才であったという。ところが、天才司令官ナポレオンの裏をかき、自国を守りきった英雄がいるのだ。
彼の名は、老将軍クトゥーゾフである。
ナポレオンがロシアに攻めこんだのは1821年。首都モスクワを占領せんと、モスクワ付近にあるポロジノ村において、大会戦がおこなわれた。
両軍双方とも13万以上の兵力に、600を超える大砲という大規模な戦争だったが、結局勝敗を決っすることはできなかった。ロシア側のクトゥーゾフはここで退却をしはじめた。敵が目の前で逃亡しだしたのである。ねらいはほぼ達成されたと考えたナポレオンは、意気揚々とロシアの首都モスクワに乗りこんだのである。
しかし、ナポレオンが目にしたものは焦土と化したロシアの首都だった。これでは冬営できないため、作戦本部もつくれず、食糧の調達もできないとあって、さすがのナポレオンも呆然。じつはこれはクトゥーゾフの作戦だったのだ。
ナポレオンはあわてて和議を申し出たが、時すでに遅し。ついに、ロシア軍の追撃とロシアのすさまじい冬将軍に追われながら、モスクワから撤退しなければならなくなった。
クトゥーゾフはみずからの首都に火をつけるという捨て身の作戦で形勢を一気に逆転、長びけば勝ち目のなかった戦争に終止符を打ったというわけである。

スポンサードリンク
スポンサードリンク