ロンドンのトーマス・ロッジという24歳の男性が、恋人にフラれたことに絶望し、橋の上からテムズ川に身を投げようとした。
ところがそのすぐ近くで、うら若き女性が同じように飛びこもうとしているではないか。彼女の名はエレン・デビッド。銀行の美人秘書だが、頭取との不倫が頭取夫人にバレて、銀行を辞めさせられそうになっていた。それにたいする抗議として「狂言自殺」をはかろうとの心積もりなのだ。
「やめるんだ!」
死のうとしていた自分のことはそっちのけで、トーマスが走りよると、エレンは一瞬の差で川のなかへ。無我夢中で、トーマスも川のなかへと飛びこんだ。
勢いにまかせて、飛びこんだはいいが、じつは彼は泳げない。流されながら思わず助けを求めると、先に飛びこんだエレンが泳ぎよってきて、トーマスを引きあげてくれたのである。
この出来事が世間に知れると、雑誌で、あるいは新聞で、トーマスを非難したり、中傷したりする投書が続々送られてきた。
みじめな笑い者……彼を評すればこうなるだろうか。
ところが、悪いことはそうはつづかないもの。なんと、あのエレンがまたしても救いの手をさしのべてくれたのだ。トーマスとの結婚を決意したというのである。
ほどなくトーマスは、彼女との甘い結婚生活にはいる。エレンが頭取からもらった手切れ金で、レストランを開いて……。冥途へ旅立つはずが、美人の妻を得てレストランのオーナーに。
人間、そう簡単に死んではいけないという教訓である。

スポンサードリンク
スポンサードリンク