世界中で激しい戦闘をくり広げた第二次世界大戦。1944年3月25日におこなわれたベルリン空襲もたいへん激しいものだった。
空襲に参加したイギリス空軍ランカスター爆撃機は、攻撃を受けて炎上。機長は乗務員に脱出を命じた。
だが、最後尾に搭乗していた空軍曹長ニコラス・アルキメードは、燃えさかる炎のためパラシュートをとりにいくことができなかった。
残された道はふたつ。このままここで火ダルマになるか、運を天にまかせて飛びおりるか……。
アルキメードはもちろん、脱出の道を選んだ。地上約5500メートルという高さから、パラシュートなしで飛びおりるのでは、命が助かるほうがおかしい。だが、それでも炎のなかでもがき苦しむよりはましである。
飛びおりたあとの彼には、まったく落下している感覚はなかった。風が吹いている雲のなかに浮かんでいるようだったという。そして足の下に星がみえ、頭から落ちていることを知ったのを最後に、意識は途切れた。
それから数時間後、意識を回復した彼は、自分がまだ生きていることを知った。時速190キロでモミの林に突っこんだにもかかわらず、幾重にも重なった枝が衝撃をやわらげ、さらに46センチの積雪がクッションの役割をはたし彼は助かったのである。
アルキメードはドイツ兵に発見され捕虜になったが、彼の話をほんとうだと信じてもらうには、長い時間がかかった。
ちなみに、発見された当時、彼の負傷は脚のやけど、膝の捻挫、背骨の骨折などかなりのものだったが、いずれも飛びおりる前にできたものだという。これぞ奇跡の生還劇である。

スポンサードリンク
スポンサードリンク