イタリアの自動車会社でセールスマンをしているニノ・トリノ君、仕事はできるし、なかなかの美男子とあって、その会社の社長令嬢に好感をもたれた。
ニノ君のほうも社長令嬢にぞっこんで、あるとき意をけっしてプロポーズすると、彼女からは「OK」の返事。
ただし、父親である社長は、
「娘の結婚相手は金持ちが絶対条件」
だという。
しかし、この条件はニノ君にとっては大問題だった。というのも、ニノ君の唯一の欠点といえるのが、彼の家の貧しさ。
どんなに身を粉にして働いても、金持ちとよばれるまでには生涯を終えているかもしれない……。
身分ちがいの結婚が、遠い夢であることに気づいたニノ君は、令嬢との結婚をあきらめ、人生までもあきらめる決心をした。
小さな舟を力なく漕いで、ナポリ湾の沖に出ると、水中へと身を投じた。
あれ?薄れゆく意識のなかで、なにかが足にからみつく。ロープのようである。いったいなんだろう?
冥途のみやげにこのロープの正体をつきとめようと、一度水面に出て息を深くすいこみ、再度もぐった。すると、ロープの先にあったのは、なんと金庫ではないか!
舟に引きあげて確認すると、日本円なら約1億円という大金がつまっていた。金庫の形から以前の大洪水のとき、銀行から流されたものと判明。
根がまじめな彼は、ちゃんと銀行に届け出ると、「あなたにさしあげましょう」との返事をもらった。
これで貧乏という、唯一の欠点もなくなったニノ君は、胸を張って令嬢に再プロポーズ。めでたく結婚へとこぎつけたのだ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク