日本のボクシング界は数多くの世界チャンピオンを輩出してきたが、大場政夫はそのなかでもまれにみるファイターだった。
世界フライ級チャンピオンの大場政夫が、5度目の防衛戦にタイのチャチャイ・チオノイを迎えたのは、昭和48年1月2日である。場所は、両国の日大講堂。
第1ラウンド、大場は挑戦者の右ロングフックをアゴに受け、腰からくずれるようにダウン。からくも立ちあがったフラフラの大場は、さらに2発目をくらい、2度目のダウンを喫した。しかもそのとき右足首を捻挫、痛む右足をひきずりながら必死に防戦した。
その後、2ラウンド、3ラウンドも大場はよろめきながら防戦、なんとも痛ましい姿をさらけだした。観客の脳裏にはマットに沈んでぶざまに横たわる大場の姿がちらちら浮かびはじめた
だが、驚くべきことに大場はここから蘇った。それまで防戦いっぼうだった大場のパンチがきまりはじめたのだ。そして12ラウンドには初のダウンを奪い、さらに左右の連打をきめ、ロープダウンを奪った。
こうなると止まらない大場。一方よろよろとよろめくチャチャイ。レフェリーがロープダウンを宣したのは3分終了と同時であった。大場は3回目のダウンを奪い、みごとKO勝ちをおさめた。
精神力で勝った粘りの大逆転劇。大場はこのとき23歳だったが、この試合で人生の幸運をつかいはたしてしまったのか、3週間後に自動車事故で死亡、チャンピオンの座をあけ渡すことなく永遠に帰らぬ人となった。

スポンサードリンク
スポンサードリンク