今世紀初頭のプロボクシング世界ヘビー級チャンピオンにジャック・デンプシーという男がいた。
彼はマナッサの殺し屋と異名をとるほどの破壊力の持ち主だった。1926年、彼はジェーン・タニーにタイトルを奪われ、翌年、リターンマッチに挑んだ。観客の誰もがデンプシーが、あの破壊力のあるパンチで相手を
マットに沈め、KO勝ちするシーンを期待していた。
そういった観客の思いが通じたのか、デンプシーは第7ラウンドでタニーに強打をあびせ、ダウンを奪った。たしかな手応えに狂喜乱舞するデンプシー。
ところがレフェリーがカウントを数えはじめたのは、ダニーがダウンしてから数秒たってからだった。というのもデンプシーが興奮していたのか、すぐにニュートラル・コーナーにもどらなかったためである。ボクシングには、カウントはニュートラル・コーナーにもどった時点からはじめられるというルールがある。この数秒の遅れが、タニーに回復時間をあたえる形となってしまった。
タニーはカウント9で立ちあがったのだが、実際には14秒あまりマットに沈んでいた。すぐにもどればKO勝ちでチャンピオンの座をとりもどしていたものを、その後タニーに盛り返され、勝負はタニーの判定勝ちに終わってしまった。ボクシングのようなエキサイティングなスポーツでも、冷静沈着さは不可欠なのだ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク