空位になっていたボクシング世界ヘビー級の王座をかけて、シュメリングとシャーキーが対戦したのは、1930年6月12日のこと。
この試合で前代未聞の珍事が起きた。
第4ラウンド終了直前のことである。シャーキーの猛烈なパンチがシュメリングのベルト付近をとらえた。ドスンとものスゴイ音をたて、マットに倒れるシュメリング。
このとき、残り時間数秒。からくもシュメリングはカウントダウンをまぬがれた。
ところが彼は倒れたまま起きあがれない。マットに倒れたまま、第5ラウンドが開始されようとしていた。そのときである。
ジャッジのひとりがシャーキーの第4ラウンドのパンチが低打の反則と主張、レフェリーもこれを認めてシャーキーに失格を宣言したのだ。
それと同時にシュメリングの王座が決定。シュメリングはマットに倒れたままドイツ人初の世界ヘビー級チャンピオンとなった。われに返ったシュメリングは自分が逆転勝ちしたなんて信じられなかったにちがいない。
しかし、因縁の対決はこのままでは終わらない。
その2年後、ふたりはふたたび対戦。このときは、逆にシュメリングに反則があり、シャーキーが王座を奪還したのである。

スポンサードリンク
スポンサードリンク