人間、窮地に追いこまれると、とんでもない力を発揮するというが、母親ともなると、それがさらにパワーを増す。
1970年、イタリアでサーカスのライオンが脱走するという騒ぎが起こった。このライオンは近くで遊んでいた小さな男の子を追いかけた。
男の子の命はもはや風前の灯(ともしび)。すぐに追いつかれてバクッ!となるところだったが、このとき、この子の母親が敢然とライオンに立ちむかったのだ。
そして、ただ追い払うだけでなく、ライオンをこっぴどくたたきのめしてしまったというのだ。
けっきょく、ケガを負ったのは男の子ではなく、ライオン。頭など数か所に傷を負って治療を受けたが、百獣の王もかたなしで、しばらくはショック状態だったとか。
子を思う一念をもってすれば、母には怖いものはない。母はライオンよりも強し!という逆転の図式が成り立ったのだ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク