犬は飼い主に忠をつくす動物といわれるが、そんな忠犬ぶりで、わが身を救った犬がアメリカに実在した。
ウエストバージニア州プリンストン市のウイリアムス氏は雑種犬を飼っていた。
犬の名前はボウ。このボウは、近所の血統正しい犬たちをいじめたかどで訴えられてしまった。
裁判は、ほかの多くの犬の飼い主の証言がつづき、ボウにとっては不利なまま進み、やがて判決の日がやってきた。この時点で誰もボウの有罪を疑う者はいなかった。
ボウ側の弁護士がボウにかわって判決を受けるために立ちあがったそのとき、ボウは弁護士の脇に歩み寄り、彼を敵から守るかのように身構えた。
このほほえましい光景は、口汚い言葉でボウをののしる証人たちの態度に嫌気がさしていた裁判長や陪審員たちを大いに感動させた。かくしてボウ君は無罪を勝ちとったのである。

スポンサードリンク
スポンサードリンク