当時大きな社会運動にまで発展したのが「日米経済摩擦」だ。それがこんな影響まで及ぼすとは……。
ミシガン州に住むプロのテストドライバー、アレクサンダー・ゼリコフさん(25歳)は毎日きめられたルートでまっすぐ仕事にいき、まっすぐ帰宅する。寄り道することは許されない。そうしないと、彼は職を失ってしまうからだ。
しかし、こうしてテストドライバーの仕事ができるのも、じつはオークランド郡巡回裁判所の温情あふれる逆転判決があった
からである。
1991年7月、ゼリコフさんはスピード違反でつかまり、免許停止処分を宣告された。プロのテストドライバーであった彼にとって、この判決は残酷である。途方にくれてなにも手につかない空しい日々がつづいた。
ところが、1992年1月になり、オークランド郡巡回裁判所のヒルダ・ゲージ裁判長は、ありがたいことに彼の免停を解除する判決をいいわたしたのである。
その条件が、通勤にきまったルートを通り、アメリカ車のみのテストをすることだったのだ。
この逆転判決のもとになったのは「愛国心と経済にたいする懸念」と裁判長はコメントしたとか。
アメ車に乗れば免停解除なんて、これも日米経済摩擦の余波?

スポンサードリンク
スポンサードリンク