第二次世界大戦も終局にむかいつつあった、1945年4月のこと。アメリカの偉大な大統領ルーズベルトが死亡したために、突然大統領の座が舞いこんだのが、当時副大統領だったハリー・S・トルーマン。
そして、3年後の1948年には第41回の大統領選挙がおこなわれた。このとき、共和党が捲土重来(けんどじゅうらい)を期して指名したのがデューイ。
民主党はトルーマンを再指名したが、前のルーズベルトがあまりに偉大だったために、どうしても小物のイメージがつきまとう彼は、ひじょうに不利な状況だった。
しかも、世間は16年にわたった民主党支配にあきあきしていて、世論調査でもデューイの勝利は揺るがないものと思われていたのである。
しかし、フタを開けてみると、なんとトルーマンがからくも逃げきり、ふたたび大統領の座につくことになった。その接戦ぶりは相当なもので、新聞のなかには「デューイ勝利」と、大見出しで誤報したところまであったぐらいである。
人びとは、奇跡の大逆転劇と騒いだが、じつはこの勝利にはちゃんとしたワケがあった。
ちょうどその年にイスラエルが国連の議決によって成立したのだが、トルーマンはイスラエル建国に大きな力を貸し、恩を売ることによって、600万人といわれるアメリカのユダヤ人の票を集めたのである。
作戦がみごとに功を奏し、その結果、ふたたび大統領の座についたというわけだ。ルーズベルトの死といい、イスラエルの建国といい、時代はトルーマンの味方だったようである。

スポンサードリンク
スポンサードリンク