会社には、自分が出世するために、必死になってライバルを蹴落とそうとする人間がいるものである。おかげで、社内には、さまざまな罠や派閥争いが渦巻いていたりする。
アメリカのゼネラル・モーターズ社でも、そんな熾烈な派閥争いが展開されていた。デロリアンという若手のホープが、ポンティアック部門を成功させ、シボレー部門に昇進したばかりのころのことである。
ある会議の席上で、彼にやっかみをもったエド・コールという男が、ネチネチとつまらない話題をもちだしたのだ。たとえば、「日曜日に性能試験場で働く運転手の数は?」などという細かさ。自分のほうが仕事に通じていることをアピールしようとしたのだ。実際、彼はかつて、同じやり方でライバルを葬り去ったこともある。
まわりの人間はとても若いデロリアンがそんな話題に通じているとは思えないから、彼の狼狽ぶりをみようと、おもしろおかしく見守っていた。ところが、デロリアンは、そんな質問にはビクともせず、堂々とこういったのである。
「そんなつまらない詮索をするのに、時間を浪費していたら、この部門は私が着任する前の状態にもどってしまいます」
さすがのエド・コールも、この答えにはぐうの音も出ず、あっさり撃退されてしまった。不利な場面を有利にかえてしまう、そんな才能も、出世の大事な要素かもしれない。

スポンサードリンク
スポンサードリンク