1814年のことである。ナポレオンはライプチヒの戦いでプロイセン・オーストリア・ロシアの同盟軍に破れ、エルバ島に幽閉されてしまった。彼の失脚によって、ルイ18世が王位に就き、彼の時代は終わりを告げるかにみえた。
ところが、ナポレオンは翌年2月にエルバ島を脱出、南フランスに上陸して全ヨ-ロッパを驚かせた。そして、兵士や農民の歓迎を受け、パリに帰還して皇帝に復位してしまったのだ。恐るべき執念であり、驚くべきカムバックである。
この過程を、パリの『モニトゥール』という新聞の見出しで追ってみよう。
「悪魔が流刑地を脱出」
「コルシカ生まれの狼はカンヌに上陸」
「猛虎はガップに現れる」
「專制皇帝リヨンに入る」
「ボナパルトは北方へ進撃中」
「ナポレオンは明日パリへ」
「皇帝、フォンテーヌブローに」
「皇帝陛下、昨夕チュイルリー宮殿にご到着」
よび名も「悪魔」から「ナポレオン」になり、最後には「皇帝陛下」となっている。マスコミの混乱と彼の力のありようがよくわかろうというものだ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク