太陽系で、いちばん外側の軌道をまわっている惑星といえば海王星。この星の発見をめぐっては、ふたりの科学者のドラマがかくされている。
イギリスのアダムスが、天王星の外の軌道をまわる未知の惑星にかんする計算結果を得たのは、1845年10月だった。
彼は、この結果をグリニッジ天文台長エアリーのもとに送った。ところが、エアリーはこれをなぜか黙殺してしまったのである。これが、第1番目の不運。
1846年の夏になると、アダムスは、フランスのルヴェリエがやはり未知の惑星の軌道にかんする論文を発表したことを知った。アダムスにせっつかれてようやく重い腰をあげたエアリーが、ケンブリッジ天文台に新しい惑星の探査を依頼した。しかし、ここで第2番目の不運がアダムスを見舞った。
ケンブリッジ天文台には探査する天空部分の星図がなかったので、観測がはかどらなかったのである。
一方、ルヴェリエが依頼したベルリンの天文台には星図も整っており、ルヴェリエが連絡してきた位置にさっそく望遠鏡をむけた。その結果、海王星を発見!その栄誉はあとから調査を開始したルヴェリエのものとなったわけだ。
それにしても、海王星発見の栄誉をまさかの不運が重なってとりのがしたアダムスは、さぞくやしかったことだろう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク