強運な人物というのがいるが、それが有名人だと当然歴史に残る。19世紀のフランスの画家ドラクロアもその1人だった。
2度あることは3度あるというが、彼にいたってはそれは5度もあった。子供のころに命を落としそうになった回数である。
それでも、まだ1度目は即、死に結びつくようなものではなかった。軍人の兄が使っていた乗馬用のヒモに、ひょんなことから引っかかってしまい、宙吊りになってしまったのである。
だが、それ以降は本格的に死と直面する。
2度目は焼死寸前。幼い彼の部屋に、女中がうっかり火のついたロウソクを置き忘れたのが原因だった。このときロウソクの火が枕やシーツに燃え移り、ドラクロア少年は背中にヤケドを負ってしまう。成人してもその跡は彼の背中に残ったままだった。
3度目はあわや溺死というめに。女中がドラクロアを抱いたまま船から船へ乗り移ろうとしたとき、足を踏みはずして海に落ちてしまったのである。幼いドラクロアがいっしょに溺れたのはいうまでもない。
4度目は、父親の絵の具を食べて毒死しそうになり、最後は、食べていたブドウがのどにつまってあやうく窒息死。
といった具合に、死にかける事故が続いたのである。
「めくるめく色彩と粗いタッチの躍動感」と評される巨匠ドラクロアだが、これ、ひょっとして子供のころの臨死体験の感覚そのものかもしれない。

スポンサードリンク
スポンサードリンク