19世紀のイギリスの大金持ちに、フィッツジェラルド家がある。この一家の1人で、牧師だったジョン・フィッツジェラルドはものすごい変人だった。
ある日、彼がウェールズ駅で列車を待っていたときもこんなことがあった。列車が入ってくると、ていねいに駅員が彼に声をかけてくれた。
「列車が来ます」と。
ところが、彼が列車に乗りこもうとしないので、駅員はふたたび、列車が入って来たことを知らせた。しかし、それでも彼はそこに立ったまま動かない。
結局、列車が出発してしまうと、フィッツジェラルドは荷物をもつように使用人にいって、さっさとホテルに引き返していったそうだ。
この変人牧師には、こんな話はかぞえられないほどたくさんある。
教会での説教のとき、なぜかいつも片方の足だけで立っていたそうだし、興奮してくるとロウソクを振りまわしながら説教をしたという。いったい、なにを考えていたのやら。
ところで、列車の話だが、その夜、びっくりする知らせが入った。変人牧師が乗らなかった列車が大事故を起こしたというのである。

スポンサードリンク
スポンサードリンク