インドネシア大統領だった故アーメド・スカルノ、というよりデビ夫人の夫といったほうが日本人にはわかりやすいかもしれない。
1970年に69歳で死んだ彼は、政治家としても名を馳せたが、女性好きでも有名だった人物である。
その彼が、大統領時代にモスクワを訪問したときのことである。
ソ連の謀報機関であるKGBが、いつものように女性を使って罠を仕掛けようとしたことがある。
つまり、彼の部屋に女性たちを送りこんで、ベッドで楽しんでいるところを写真におさめる。それをネタに脅して、欲しい情報を手に入れようというのだ。KGBの計画どおり、大統領のスイートルームには、何人もの美女が派遣された。
そして、ことはKGBの思惑どおりに進行した。彼はまんまと罠にはまってしまったのである。後日、ソ連側はこのときの写真を大統領の目の前に差し出した。
が、スカルノ大統領は堂々としたもの。逆にうろたえたのはKGBのほうだった。大統領がこういったからである。
「国のみんなに見せたいから、フィルムのコピーが欲しい。国民は私を誇りに思うだろう」
ギャフンである。お国柄のちがいで、KGBの汚い手口はまったく通用しなかったわけだ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク