19世紀、フランスの「市民王」と呼ばれたルイ・フィリップは、何度となく暗殺されかかった。
すべては未遂で済んだのだが、1835年7月28日、7月革命を祝うパレード行進の最中に、フィリップ王暗殺が企てられたときのこと。もちろん、このときも王は、あわやというところで、命拾いしている。
この暗殺計画を立てたのは、ジュゼッペ・マリア・フィエスキという男。パレード行進がよく見える建物から王を狙おうとしたのだが、このとき使った暗殺道具がなんとも珍奇。
それは銃身が24もあるという奇妙な発射装置で、引き金を引くと一斉に銃弾が発射される仕掛けになっていた。
ヘタな鉄砲も数撃ちゃ当たるというヤツか?
一発の銃弾ならはずれることもあるだろうが、24発同時に撃つのだから、たしかに暗殺成功の確率は高い。
ところが、いざとなったらこの道具、まったく役に立たなかった。どうしたわけか王自身はかすり傷も与えられなかった。ただまわりにいた者たちに銃弾が当たり、18人が死亡した。
おまけに、フィエスキ自身も、銃を撃った瞬間に衝撃を受け、大ケガをしたというから、ヘタな鉄砲は、やっぱりヘタなのかもしれない。

スポンサードリンク
スポンサードリンク