ちょっとした運に助けられ、決闘で命が助かった男がいる。テネシー州ナッシュビルのアンドリュー・ジャクソンという男だ。
決闘がおこなわれたのは、1806年5月21日の明け方だった。相手は早撃ちが自慢のチャールズ・ディッキンソンである。
ちゃんと紳士の流儀にのっとった決闘だから、立ち会い人がいてその合図でおこなわれた。双方の距離は約8メートル。
結局、相手を仕留めたのはジャクソンだった。先に撃ったディッキンソンの弾は胸に当たったが、致命傷にはならなかったのだ。
しかし、それは心臓からわずかにはずれただけだったというから、運がいい。驚くほどやせていたジャクソンが、たまたまダブダブのマントを着ていたため、狙いが狂ったのだった。
この運のいい男が、のちのアメリカ合衆国第7代大統領アンドリュー・ジャクソンである。
さて、こんなジャクソンが大統領になってから暴漢に銃で狙われたことがある。
およそ4メートルの距離から1発目の引き金が引かれた。が、これが運よく不発。
暴漢はさらに2メートル近くまで迫って、もう1挺の銃の引き金を引いた。信じられないことに、これも不発だった。
後になって不発の原因は、2挺とも火薬が湿っていたためということがわかった。12万5000分の1の確率でしかありえないという偶然が、ジャクソンの身に起こったのである。
史上最強運の大統領というわけだ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク