死ぬ前にもう一度、外の空気に触れたかった、と思ったかどうかわからない。ところが、死のほうがかなり近くなってから、ギリギリ現実の世界にもどった女性がいる。
1985年、アメリカのアリス・コリンズという93歳の女性が、植物状態から目を覚ました。
それも、なんと75年ぶりにである。医者がいわなくても、とてもふつうでは考えられないようなことだ。
1891年にサウスカロライナ州で生まれた彼女は、1909年10月、18歳のときに階段から落ちてしまう。以来、植物状態のまま、ずっとベッドに横たわっていたのだった。
それが突然、ふと目を覚ますように意識が回復したのである。しかも彼女には、意識を失う前の記憶が鮮明に残っていた。
そのため、自分が75年もの間、意識を失っていたとは思いもよらなかったらしい。自分はまだ18歳で、年号は1909年、つまり、なにもかも意識を失った当時のままだと思ったのだ。
だから彼女にとっては、明かりといえばガス灯、大統領はルーズベルトだし、1901年のマッキンレー大統領の暗殺や、1903年のライト兄弟の初飛行などは、まったく記憶に新しいことだったのである。
なぜ意識が突然回復したのか、医学的には解明されていない。が、あまりにもわずかな将来は、はたして彼女に喜びを与えられたのだろうか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク