1969年8月8日にロサンゼルスのハリウッドで起きた、女優シャロン・テー卜邸の殺人事件はあまりにも凄惨なものだった。
彼女の家で開かれていたパーティーの出席者たちが次々と殺害されたのだが、犯人グループはチャールズ・マンソンを中心とした4人組。これさえやれば自分たちを中心とした世界ができると思いこんだ未の、常軌を逸した犯行だった。
彼らは妊娠していたテートのお腹を割き、ほかの出席者もメッタ切りにするなどの残酷なやり方で5人を殺害する。
ところがそのパーティーの出席予定メンバーのうち、遅刻したために助かった人物がたった1人だけいた。幸運なその人物は、ユダヤ系小説家のイエルジー・コジンスキーである。彼は、このパーティーで友人のヴォイテク・フリコフスキーに会うことになっていたのである。
では、なぜ彼はパーティーに遅れてしまったのか。
じつは、飛行機でロサンゼルスまでやって来た彼の荷物が、係員の手ちがいでニューヨークに送られてしまったからだった。
空港で足止めをくらったコジンスキーがテートの家に到着したときには、地獄絵のような事件は終わっていた。
ちなみに、彼の小説「ブラインド・デイト』は、この事件をもとに書かれたものである。

スポンサードリンク
スポンサードリンク