1940年にイギリスでうまれた作家のジェフリー・アーチャー氏は、まるで順風満帆を絵に書いたような人生をおくっていた。
なにしろ、彼は名門のオックスフォード大学を卒業した秀才。しかも、スポーツでも目ざましい才能を発揮して、24歳から26歳までは、イギリスきってのランナーだったのである。
そのうえ、26歳にしてロンドンの市議会議員に当選し、その3年後には国会議員にまで当選。裕福なうえに、人びとからは尊敬され、輝くような毎日だった。
ところが、1973年、33歳の彼は、突然とんでもない不幸に見舞われる。
カナダの某会社に100万ドルを投資したのだが、これが詐欺にあった。
彼の手に残った株券は一銭の価値もなく、アーチャー氏はいきなり無一文になってしまった。おかげで、つぎの選挙に出馬する資金もなくなってしまい、国会議員の座まで失うことになった。
それまでが順調だっただけに彼の落ちこみようは相当なものだった。そこで、その腹立ちを創作にぶつけ、『百万ドルを取り返せ!』という、詐欺の小説を書きあげたのである。
すると、今度はその小説が大ヒット。彼は100万ドルどころか、莫大なお金を手に入れ、またまた順風満帆な人生を歩みはじめたのである。
不幸と幸せは、まさに背中あわせということか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク