日本史の年号のなかで、いちばんおぼえやすいのは、関ヶ原の戦いである。西暦1600年。語呂合わせの必要もないくらい、簡単におぼえられる。
東西20万人の兵力が激突した、この天下分け目の戦いで敗れたのは豊臣方。とはいうものの、当主の豊臣秀頼は、ついに戦場にはあらわれず、実質的には石田三成と徳川家康との戦いだった。
戦国時代は、負ければ命はない。それも本人だけでなく、その子供たちも殺された。慈悲深くして生かしておくと、後に親の仇を討つからである。平家は、頼朝、義経らを子供のときに殺さないで生かしたために、のちに滅亡してしまった。
そんなわけで、三成の子供の命もないはずだった。長男の重家は大坂城に人質としてとらわれていたが、関ヶ原の勝敗を知ると、脱出、京都の寺に逃れた。
妙心寺の寿聖院がそれだった。さっそく髪を剃り、仏門に入り、父の復譽などする気がないことを、態度であらわした。
そのかいあって、やがて家康から赦免(しゃめん)され、大禅師にまでなり、1686年まで生きたという。
三成の娘のほうは、消息は不明。京都に三成の娘と名のる、舞をしている女がいたとか、和歌山城下の町医者の妻だったとか、いろいろな俗説があるくらいだ。
どちらにしろ、三成の子供たちは、徳川幕府を脅かす存在にはならなかった。

スポンサードリンク
スポンサードリンク