これが街角に立ち始めると、選挙を前にした活気のようなものが、街にただよい始める。選挙ポスター掲示板。ベニア板上に黒い枠をつくり、数字を書き込んだ、あれである。選挙が終わっても、しばらく立てたままになっていることもあるが、選挙後は、すみやかに撤去するのが、決まりになっている。
つまり、あのポスター掲示板は、選挙のたびに業者と契約し、新しくつくっており、その契約には、撤去、解体まで含まれているのだ。そして、じっさいの処分は業者の責任でおこなわれている。
といっても、選挙管理委員会の方針は、なるべく再利用すること。つかい道の限られる枠の部分は、しかたなく焼却処分されることが多いが、ベニア板は建築現場の足場などにつかわれているという。
また、たまに、学園祭や文化祭で、利用したいという依頼があるという。再利用になるから、喜んでつかってもらうのかと思えば、そこはお役所、絶対に選挙ポスター掲示板だったことがわからないようにすると約束するなら、払い下げてくれるという。

スポンサードリンク
スポンサードリンク