ニューヨークに住み、不動産会社を経営するエリー・ヘイマンさんは1992年4月のある日、ホテルのプールで泳いだあと、水着姿のまま、エレベーターに乗りこんだ。
そのエレベーターに彼女のあとから、人相の悪い男たちが3人。エリーさんはその瞬間、イヤな予感がした。当時のニューヨークではエレベーターでのレイプはよくあること。
表情をくもらせた彼女をみて、男のひとりがニヤニヤしながら近づいてきた。彼女の予感は的中したのである。
男は彼女に「怖いか」とすごんでみせた。こうなってはもう絶体絶命。ところが、エリーさんはあわてなかった。平然とした顔をして、ニッコリ。
「怖くないわ。私ももとは男だもの」
この一言でレイプ男たちの威勢はすっかりなえ、すごすごとエレベーターから降りてしまったのである。みごとな機転でわが身を救ったエリーさん。地元でも、すばらしい撃退法だと評判になったとか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク