戦国時代は、毎日が合戦のくり返し。武士にとっては、生死をかけた修羅場の連続だが、農民や町人にとっては、迫力のある戦いが間近に見物できる絶好のチャンスだったようだ。
そんな見物人を、合戦に上手に利用して勝ちをおさめた武将がいる。戦国時代の武将・伊達政宗が蘆名義広(あしなよしひろ)と戦った猪苗代湖の戦いでは、兵隊の数では蘆名氏が圧倒していた。
当然、大勢押しかけていた見物人の目にも、戦いの行方は蘆名側に有利であるかにみえた。
そこで劣勢だった伊達は一計を案じ、一隊を蘆名軍の後ろに迂回させた。
蘆名軍の後ろには大勢の野次馬たちが見物していたからである。自分たちのほうにむかってくる伊達軍をみて、野次馬たちは「ウォー」と大きな声をあげた。
その声の大きさに蘆名軍は驚き、たちまち総くずれとなり、伊達軍の勝利となったのだという。
ほんとうに、頭というものはつかいようである。

スポンサードリンク
スポンサードリンク