就職活動といえば、みんなきまったようなリクルートファッション。誰もが、それまで自由にしていたヘアスタイルをきっちりまとめ、さっぱりした面持ちで就職試験に臨むものである。
ところが、昭和56年の秋、当時某私立二流大学4年生だったS君は、なんとか自分の個性をいかしたまま就職活動をしたいと考えた。
そこで、S君のトレードマークのヒゲもリーゼントカットもそのままに、革ジャン、革ズボン姿で、スーパーや広告代理店、衣料卸業など、無名の小さな会社をつぎつぎと受けた。
しかし、やっぱり彼のこの試みはどこにも受け入れられず、全部不合格のまま、ついに師走になってしまったのである。12月といえば、もう学生の募集をしている企業もほとんどなく、彼は途方にくれていた。
そんな矢先、ある自動車販売会社で募集があり、最後のチャンスと受験しにいったのだが、そこも競争相手がいっぱい。
信念を曲げず、例の格好をしていたS君だったが、少々不安になり、化粧品店に走って、シェービングクリームとカミソリを買い、あわてて会社のトイレでヒゲをそりはじめた。
ところが、半分しかそらないうちに、S君の面接の順番がきてしまい、しかたなく彼は顔半分ヒゲだらけ、という奇妙なスタイルのまま、面接試験に臨むハメになってしまったのである。ところが人生、どう転ぶかわからない。
もうダメだ……と落ちこんでいたS君のもとに、後日合格通知が届いたのだ。そして、その合格理由が、なんと「宴会用にピッタリ」ということだったのである。
ヒゲ半分の不幸が、大どんでん返しをうんだS君。不幸中の幸いとはこのことか……。

スポンサードリンク
スポンサードリンク