ドイツが誇る大芸術家のゲーテが、若いころ、友人と旅行に出かけたときのことだった。偶然、彼らが泊まっている同じホテルに、ある大臣がはいってきた。
ユーモア心に満ちたゲーテが、
「僕があの大臣の鼻をつまめるかどうか、賭けをしよう」
と友人にいった。もちろん、友人は冗談だと思った。そんなことができるはずはない。ともかく友人は、「できない」ほうへ賭けた。
ゲーテと友人は10分後にホテルのロビーで再会することを約束して、ひとまず別れた。
友人が約束どおりにもどってきてみると、なんとゲーテが大臣の鼻をつまんでいるではないか。ゲーテは理容師に扮装して大臣のヒゲをそっていたのである。

スポンサードリンク
スポンサードリンク