政府の政策や官吏の行動にたいする批判は、悪意や虚偽にもとづかないかぎり、報道の自由が保障されている。この風潮が確立されたのは、1734年のゼンガー事件であるといわれる。
この事件は、当時イギリスの植民地だったアメリカのニューヨークで、『ウィークリー・ジャーナル』という新聞が、総督府の政治批判をおこなったため、発行者のゼンガーを治安妨害を理由に逮捕した。
しかし、ゼンガーは、そのニュースソースをあかさず、編集者が責任を負うべきであることを公判で述べた。
この一件で『ウィークリー・ジャーナル』はあわや廃刊、というところまで追いつめられてしまったのだ。
ところが、被告ゼンガーの弁護士、アンドルー・ハミルトンは、人間の権利である自由を強調し、真実の報道こそイギリス人の権利だと一世一代の熱弁をふるった。陪審員たちは彼の姿をみて感動、無罪の判決をくだしたのである。
名誉毀損における刑事裁判で、報道内容が事実にもとづくことを立証することにより、はじめて無罪を確定したこの事件は、アメリカにおける言論出版の自由の歴史上もっとも重要な事件とされている。
「ペンは剣よりも強し」という言葉があるが、ときとしてペンは権力をもひっくり返すのだ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク