妻の機転が、窮地に立たされた夫を救ったという話は『日本書紀』にも記されている。
舒明(じょめい)天皇のときの上毛野形名(かみつけののかたな)の妻の武勇伝がそれ。
蝦夷が反乱を起こした際、上野の豪族・上毛野形名が、その討伐にむかった。ところが、形名は大敗し砦に逃げこみ、蝦夷軍に包囲されてしまった。
するとそのとき、遠くのほうからさかんに、弓の弦(つる)を鳴らす音が聞こえてきた。弦の音を聞いた蝦夷たちは、すっかり敵がものすごい数の軍勢だと思いこみ、右往左往しだした。
好機到来! そこをついて、形名率いる軍がこの機に乗じ、討って出ると、蝦夷たちはちりぢりになって退却していったのである。
じつは、この音、形名の妻が夫の剣をとって数十名の侍女を指揮し、弓の弦の音を鳴らさせていたのだ。なんとも、あっぱれな妻の機転が、逆転劇を演出したのである。もつべきは、機転のきく賢い女房ということか……。

スポンサードリンク
スポンサードリンク