1886年、リオデジャネイロのオペラ劇場。まだ19歳の青年トスカニーニは、その劇場でチェロを弾いていた。イタリアうまれの大指揮者トスカニーニは、もとは若くて無名のチェリスト(チェロ演奏者)にすぎなかった。
それが突然、指揮される側から指揮する者へ、立場が逆転する運命の日がやってきた。その日、プッチーニの『アイーダ』が上演される予定になっていたが、どうしたわけか指揮者が突然降りてしまうというハプニングが起きた。指揮者がいなくては演奏もままならない。楽員の推薦で、指揮者の役がトスカニーニにまわってきたのである。
彼が推されたのは、指揮者としての才能があるかもしれないと期待されたわけではなく、じつはトスカニーニは強度の近視で、自分のパートのチェロだけでなく、すべての楽譜を暗譜していたからだった。
オペラは大成功をおさめ、無名の若者は指揮者としての名声を得るきっかけをつかんだ。
とっさのピンチが生んだ楽員の機知が、トスカニーニの弱点を生かして成功させてしまうとは、誰も予想できなかっただろう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク