幸運がつづくと、自分はいつもツイている気がして、強気になりがちなもの。
ローマ郊外に住む30歳の宝石商、エンリコ・ダンドレアさんも、一文なしからひとかどの宝石商にのしあがり、愛人にアパートを買いあたえるほど成功した人で、自分のツキには相当自信があった。
ある日、彼は、映画『ディア・ハンター』をみてたいへん感激。とくにロシアン・ルーレットのシーンが気にいってしまった。
ロシアン・ルーレットは、ご存じのように、回転式拳銃に一発だけ弾丸をこめ、シリンダーを任意に回転させて、銃口を頭にむけて銃の引き金を引く危険な賭け。
『ディア・ハンター』の主人公は、何回やってもこの賭けに勝ってしまうという強運の持ち主であった。
自分の強運に自信のあるダンドレアさんは、すっかりこの主人公に感情移入してしまったらしい。
店の従業員相手に、映画の話をしているうち、護身用の拳銃をもちだしてきて、弾丸を一発こめ、映画のシーンを再現。
「おれはこの賭けに絶対勝つ」
といいはなつや、銃口をこめかみに当てて引き金を引いた。
ところが、幸運つづきの彼は、この日にかぎって不運。弾丸は発射され、彼の頭をぶち抜いたのだった。

スポンサードリンク
スポンサードリンク