ショーン・オニールは16世紀に活躍した梟雄(きょうゆう)である。彼はアイルランドの一部族の長として、武力を誇った。
ショーンは人びとから「アイルランド唯一の強者」とよばれ、「ルシファー(悪魔)」として恐れられた。
政府を相手にさんざん反乱をつづけ、それに失敗すると、手のひらを返したようにエリザベス女王に甘言を弄して近づいた。
とにかく、手のつけられない暴れ者で、ほかの豪族の領地を侵し、財産や家畜を強奪するなど朝飯前。
領土を広げるためには、女王と結んだ講和を楯にとって、盟友であったはずの一族を襲い、当主を捕虜にするということも平気でやった。
その結果、ショーンは騎兵1000騎、歩兵4000を擁するアイルランドでいちばんの強者となったのである。
しかし、やることなすこと思惑どおりの彼も、運命までかえるわけにはいかなかった。思いあがったショーンは、アイルランドをイギリスから解放しようと、イギリスの総督領に侵入した。これが彼の転落の原因となる。
さんざんショーンに手を焼いていた総督は、この行動をしっかり予測していた。思いもよらずあっさり撃退されてしまったショーンは、大きな痛手を受け、反逆者の汚名を着せられることになる。そしていままでさんざん裏切ってきた仲間の攻撃を受け、ついには惨殺されてしまうのだ。
ショーンは多くを望みすぎたがゆえに、すべてを失うという愚かな男となってしまったのである。

スポンサードリンク
スポンサードリンク